実家に住んでいるのが煩わしいと思い、中古の物件を購入

現在の住居に引っ越してくる前に住んでいたのは、某地方都市にある実家です。2階の一室を使ってフリーランスで翻訳の仕事をしていましたが、実家にいることがだんだん煩わしくなってきました。その理由は、主に二つあります。一つは、辞書などの資料が増えるに従って作業スペースが手狭になってきたことです。仕事に使っていた部屋に辞書類をすべて置いておくことができなくなりました。もう一つの理由は、実家の隣にある幼稚園の物音です。普段から園児の叫び声などが聞こえていましたが、行事の前になると楽器演奏の練習などのため騒音と言ってもよいほどの音が出て、大変迷惑していました。このような経緯で実家の外に住みたいと思うようになってからは、不動産情報に注意を払うようになりました。特に注意していたのは、新聞の紙面広告や折り込み広告に載っている物件情報です。あるとき、新聞広告で格好の物件を見つけました。実家から2キロメートルほどしか離れていない場所にある分譲マンションです。この物件のあるエリアは、医療機関や商業施設が多く、実家付近よりも暮らしやすい環境があります。例えばコンビニなどは、マンションから見えるほどの至近距離です。早速、その広告を掲載していた不動産屋さんに連絡を取り、物件を下見させてもらうことにしました。地方都市にある築30年超の物件なので、非常に安い販売価格になっていました。420万円です。広さは4LDKあります。一人で住むには十分すぎるほどの広さです。古い割にはよく手入れされていて小ぎれいなのが印象的でした。また、窓からの眺めが非常によいのも気に入りました。1カ月ほど検討した後に、購入を決めました。購入後はすぐに住み始めましたが、実際に住んでみて残念に思った点が二つあります。一つは、水回りです。水道ポンプが老朽化しているのか、水道水の出があまりよくありません。水圧が急に下がったりすることがあり、入浴中などは不自由しています。もう一つは、自宅よりも下にある部屋からの臭気が配管を通って上がってくることです。毎日、夕食前の時間帯になると、洗面台のあたりから階下の炊事のにおいがわき上がってきます。場合によっては不快です。現在住んでいるこの古いマンションには、あと20年ほどは住む可能性があります。その後はまたよそに引っ越そうと思っているのですが、今度は新築のマンションに住みたいと思っています。古いマンションに住んだ経験で、水回りを中心に老朽化した設備の問題点を思い知ったからです。また、今度住むマンションでは、高層階に入居したいと思います。これは、4階の部屋に住んでみて、眺めの良さを重視するようになったからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です